アイロンのかけ方を知らない嫁と、子供の歯磨きについて

アイロン

結婚をする時は慎重に決断しなければならないと、先人たちは教訓を残してくれていました。しかし、そんな教訓も若気の至りを起こしている状態の人間の心に響くはずもなく、その場の流れで結婚をしてしまうことがほとんどであると言っても良いでしょう。そんなその場の流れで結婚をし、そして公開しているのは僕も例外ではありません。うちの嫁さんは、アイロンのかけ方を知らないオンナでしたので、洗濯物全般を結婚当初から自分で行わなければならない状態になっています。

男としてはワイシャツを着て企業戦士として戦い、そしてその戦いによって汚れてしまったワイシャツを嫁さんに綺麗にしてもらうのが普通の家庭のあり方であると思います。しかし、僕の場合は企業戦士として戦うのはもちろんのこと、家に帰るとワイシャツを洗濯機に放り込み、そして選択が終わったワイシャツを自分自身でアイロンがけをするという毎日。嫁さんは料理はしてくれるものの、アイロンやその他の家事全般は全く行ってくれませんので、その大部分を僕がやっているのです。

アイロンかけは常識的に知っているものではないかもしれませんが、女性であれば家庭教育の中で少しくらいは親が習わせておくものだと思います。こんなことを言ってしまうと、嫁の両親、つまり義父義母さんに対して失礼な表現になってしまいますけどね。ただ、アイロンのかけ方を教えなかったご両親だけではなく、そんなオンナを嫁にもらった僕の責任というのも少なからずあるのでしょう。

結婚してからでも嫁にアイロンかけの方法を僕の方から教えておけばよかったのかもしれませんが、今や僕がセルフサービスでアイロンかけを行っていることから今更嫁さんにアイロンかけを覚えてもらうタイミングがありません。なので、そんな嫁さんをもらってしまった責任として、これから死ぬまでワイシャツ以外の洗濯物も僕がアイロンかけを行っていかなければならないのでしょう。

アイロン以外にも、嫁との間には問題があります。それは、子供の歯磨きについてです。というのも、私たちの2歳の子供が、歯磨きが大嫌いなのです。なんとか色々と苦労したのですが、一向に好きになってもらえません。ですが、とある記事を読んで、夫婦二人で、子供の歯磨きについての考えを改めました。それは、この【パパママ必見】子供の虫歯予防で親が知っておくべき大切なこと、という記事です。たまたまネットで検索している時に見つけて読んだのですが、意外と役に立ちました。

歯のことは本当に大事ですよね。私自身の歯は正直、もはやどうでもいいと思うとこともあるのですが、子供の歯は本当に大事にしたいと思っています。虫歯に関しては、こちらのサイトがとても参考になります。基礎知識を確実に身につけられますよね。また、歯磨きに関してはこの日本歯科医師会の記事が、同じように大変参考になります。

もしあなたが、歯磨きが嫌いな小さなお子さんをお持ちでお悩みでしたら、ぜひ上記の記事を読んでみてください!

あ、アイロンがけは、ぜひマスターしましょうね!笑